ギャンブルが観光産業に与える相乗効果

ギャンブル業界は最も収益率が高い業界の一つであり、その人気はさらに高まりつつあります。そしてギャンブルと観光には共通点がたくさんあります。最も顕著なものはその経済的な収益性でしょう。ギャンブルを合法にしている国の政府は、ギャンブル業界からだけでなく、カジノでギャンブルをする人々からの税収入という恩恵を受けています。同時に、休暇で旅行する際に、人々はカジノの中だけで時間を過ごすわけではなく、食事をしたり、バーへ行ったり、親しい人々にお土産を買ったりするのが普通です。そしてこれらの行動は、州の財政をさらに潤してくれるのです。

さらに、観光地でギャンブル事業が盛況になると、大幅に集客シーズンを延ばすことができます。ギャンブルを楽しむ人々は、季節に関係なく一年中いつでもカジノのある街を訪れているからです。調査によると、カジノのある観光地では訪問客一人当たりの滞在日数がそうでない場所と比べて大幅に長くなっているということです。例えば、2003年にはマカオの訪問客一人当たりの平均滞在日数は1泊でしたが、2016年にはそれが3.7泊にまで増えています。

  • ギャンブル事業の成功は新たな投資家や関連事業への投資の誘因となる。
  • カジノ内で店舗を営む業者たちの売上が増える。
  • 雇用の機会が拡大する。
  • 観光地でギャンブル業界が成功することで、公共インフラの整備が行われるようになる。
  • 未開発地区が開発される。
  • 観光地のイメージアップにつながる。
  • 観光地周辺の他の事業も観光やギャンブル施設の発展に付随して伸長する。

社会的影響

ギャンブルの発展がもたらす最大の効果は間違いなく経済的なものですが、同じく重要なのが社会的な影響です。

実際、多くの社会学者たちは、ギャンブルとギャンブル業界の発展は必ずしも悪いことではなく、逆に社会に良い影響を波及していると主張しています。

カジノでは多くのさまざまな社会的イベントが催されていますが、それらはギャンブルを行うだけのものではなく、人々が交流しあう社交の場にもなっています。ポーカーやルーレットのトーナメントが頻繁に開催されるカジノもあり、そこには世界各地からギャンブラーたちが訪れます。そのようなイベントでの出会いを通して新たな友情が生まれることも多く、他国の文化・宗教・習慣などの違いを受け入れることで、人々の間により寛容な気持ちが生まれるといった効果もあるのです。

まとめ

ギャンブル業界の発展は、多くの点において個人、そして地域の住民と観光客との関係に良い影響を及ぼします。ありがちな偏見を取り払って友好関係を築き、互いによりよく理解し合えるようになる機会を提供してくれるからです。ギャンブルは、くつろいで楽しい時間を過ごすのに良いアクティビティの一つであり、問題を起こすようなことがない限り、そうあり続けるでしょう。しかし、多くの人がギャンブルのことをよく理解せずに一方的な偏見を抱いているのも事実です。もちろんギャンブルにも欠点はありますが、本質的にこの業界が他の付随的な業界にまで大きな経済的効果をもたらすという利点を無視するわけにはいかないのです。